このエントリーをはてなブックマークに追加
Hot Entry
その他の記事
土地購入にまつわるエピソード

自宅の隣に、長い間空き地になっている土地がありました

●男性 38歳
自宅の隣に、長い間空き地になっている土地がありました。
長らく住んでいると色々なことがあるわけですが、近隣の金融機関の勝手駐車場になったり、近所のアパートに住んでいる人が夜間に車を停めたりで、治安の問題を抱えていました。
秋になると雑草が生い茂って、花粉症に悩まされることもあり、勝手ながら雑草を刈ったりもしていました。
不動産屋さんが何度も私の元を訪れ、隣の土地は誰の所有か聞いていきますが、私も持ち主は都会に住んでいるとしか聞いたことがなく、毎回そう言うしかありませんでした。

そんなある日、近くの不動産屋さんが私の元にやって来ました。
実は紆余曲折ありましたが、隣の土地が売りに出ることになり、そのご挨拶でやって来ましたといいます。隣ですし、どうです、買いませんか?との問いかけに、最初は笑って聞いていましたが、少し考えてみると、隣が空いたら買っておけというのはよく聞く話ですから、2〜3日待ってくれないかと伝えておきました。

不動産屋さんは、すぐに売れる可能性がありますから、3日以上は待てないというので、家族会議を開き、資産のチェック等をした後、買うことにしました。
将来のことを考えると、三世帯住宅も建てられるでしょうしいい買い物をしたと思っています。

話題のネタを用意。このホムペが手軽で便利です

Copyright (C)2017土地購入にまつわるエピソード.All rights reserved.