このエントリーをはてなブックマークに追加
Hot Entry
その他の記事
土地購入にまつわるエピソード

私が自分の家を持ちたいと思うようになったとき

●男性 50歳
私が自分の家を持ちたいと思うようになったとき、たまたまなのですが、東京電力が土地の分譲をするという折込みチラシを発見しました。
場所も私にとってはけっこういい立地かと思ったので、突発的に私の判断で購入申し込みを行い、申込金として10万円を支払いました。

立地的に妻も喜んでくれるかと思って話したのですが、妻はそれほど感激はなし。そんなことより、東京電力から土地を買う条件になっている、オール電化に難色を示しました。
当時流行っていたオール電化でしたけど、妻は電磁波が怖いといいます。色々私は、妻を説得しようとしたのですが、全くそれに応じてくれません。
さらには私の父に、この話を報告すると、土地が幹線道路沿いにあることを指摘して、もし住むのであれば、できれば主道路からは離れていたほうがいいといわれてしまいました。
この話を妻にいうと、だったらやめようということになります。
結果的に私は、東京電力に予約の取り消しを申し込みました。
申込金の10万円は返却されましたので、私に損害はありません。ただこういうことがあったため、いよいよマイホームのための土地探しを真剣にしないとなりません。

Copyright (C)2017土地購入にまつわるエピソード.All rights reserved.